野球選手も「日焼け止め」を使うべきか?

いつもご覧いただきありがとうございます!

今回のテーマは、野球選手も「日焼け止め」を使うべきか?

今回の記事では、

  • 野球部の子どもたち
  • 野球指導者
  • 日焼け止めを迷っている人

以上、ひとつでも当てはまったら、ぜひ最後までご覧ください!

この記事は、元独立リーガーが書いた記事です。

・公式ブログはこちらのリンクからご覧いただけます↓

岡村雄斗「現役プロ野球選手」野球ブログ
独立リーグを目指す方々に参考になっていただけるよう心がけています。

それでは、見ていきましょう!

【結論】

今回の結論は、

野球選手も日焼け止めは絶対に使った方が良い!

以上が結論になります!

日焼けの種類

日焼けは、太陽からの紫外線 (UV) 放射にさらされることによって引き起こされる皮膚の状態です。 UV 放射には、A 波と B 波の 2 種類があります。

UV-AUV-B
特徴波長が長く、
影響スピードが遅い
肌の奥へ作用
波長が短く、
影響スピードが早い
肌表面に強く作用
対策日焼け止め・食事日傘をさす
直射日光を避ける
紫外線量1年中(天候関係なく)5月~(夏 6~8月)
  • UV-Aは、皮膚の奥深くまで浸透し、シワやたるみ、シミの原因となります。また、免疫システムを抑制し、皮膚がんのリスクを高める可能性があります。
  • UV-B は、日焼けや皮膚がんの原因となる紫外線の種類です。

日焼けのリスク

日焼けのリスクには、次のようなものがあります。

  • 皮膚がん: 日焼けは、皮膚がん、特にメラノーマのリスクを高めます。メラノーマは、最も深刻な種類の皮膚ガンの 1 つです。
  • シワとたるみ:UV 放射はコラーゲンとエラスチンの破壊を引き起こし、これらは皮膚の弾力性とハリを維持するのに役立つタンパク質です。これにより、シワやたるみができます。
  • シミ:UV 放射は、メラニンと呼ばれる色素の生成を刺激します。メラニンは、皮膚を太陽の有害な紫外線から保護するのに役立ちますが、シミの原因にもなります。
  • 日焼け:日焼けは、皮膚が赤くなり、痛みを伴い、腫れる状態です。重度の場合は、水疱や発熱を引き起こすこともあります。
リーガー君
リーガー君

これは絶対に、野球選手も日焼け止めを塗った方がいいね!

日焼け止め効果開始時間

なやむ君
なやむ君

日焼け止めって、

塗ってすぐに効果があるの?

日焼け止めって、塗ってすぐに効果があるのか?

この疑問に対しては、研究結果によると日焼け止めは、15分~30分程度で肌に馴染み、効果を発揮するとされています。

効果継続時間

なやむ君
なやむ君

塗ったらどれくらい持続するの?

日焼け止めは、塗ったら一日中持続するわけではありません。

2~3時間おきに、塗り直すことが必要になります。

野球をしていたら、試合開始30分前に塗っておき、5回の整備にもう一度塗るようにしましょう!

おすすめ「日焼け止め」3選!

1,ビオレUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

塗り直しても、重ねても感動的に軽い!水感UV。

ミクロレベルのスキマまで塗りムラ防ぐ。

日やけによるシミ、そばかすを防ぐ。

2,ニベアメン UVプロテクター

強烈紫外線までしっかりカット!

スポーツ時など日差しの強い時も紫外線からきちんと肌を守る。

高い耐汗性を実現。汗をたくさんかいても、落ちにくい。

3,ユースキン ソシラ UVミルク

外部刺激に敏感なピリピリ肌を毎日の紫外線から守る日やけ止めミルクです。

紫外線を防ぐ効果と肌へのやさしさの両立。

無香料・無着色・紫外線吸収剤フリー・アルコールフリー、低刺激性。

まとめ

以上、野球選手も「日焼け止め」を使うべきか?について紹介しました。

日焼けはシミやガンといった悪影響があるので、野球選手も日焼け止めを使用した方が良いです!

ぜひ、みなさんにも日焼け止めの使用をおすすめします!

以上、読者の皆さんが今よりもっと野球が好きになり、技術向上できるようにこれからも情報発信していきたいと思います!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ブログ名「独立リーガー国語教師になる」

※この記事ではアフィリエイト広告を掲載しています。

コメント